南九州産どくだみ茶ティーパック 霧島山麓で自生しているどくだみ どくだみ

どくだみは東アジア地域に広く生息する多年生草木で、日本でも全国各地で見ることができます。
6月頃に白い花をつけますが、花びらのように見えるのは、植物学的には花ではなく「ほう」と呼ばれるがくの部分で、先のほうに黄色で穂のように小さく咲いているものが花です。
また、どくだみは、生のどくだみの特有の香りが、まるで毒を溜めているようで「毒溜み(どくだみ)」に由来し名付けられたという説もあります。
どくだみ茶は古くから民間で使用されており、日本ではなじみ深い野草茶です。また、どくだみの生葉をもみ、できものなどに塗る民間療法も昔から行われてきました。
マルシェ ピュアのどくだみは、栽培したものではなく、人があまり通らない霧島山の麓で自生しているどくだみを使用しています。

豊かな自然が残る霧島山

霧島山は、南九州の宮崎県と鹿児島県の県境にある連山の総称です。
日本百名山や日本百景のひとつであり、日本で最初に国立公園に指定されるほどの大自然が残る、恵まれた環境。そんな霧島山麓で育った普通のご家庭の庭に生えている2~3倍程度大きく成長したどくだみをお茶にしました

霧島山不動池
日本有数の名水をたたえる霧島

霧島周辺は火山でできたシラス台地。そこに降り注いだ雨が長い年月をかけて濾過され、豊富なミネラルが含まれており、霧島源水の水は日本では珍しい硬水です。
その山麓の水と大地で育ったどくだみを使用しています。

無添加のどくだみを100%使用
どくだみ乾燥

マルシェ ピュアのどくだみ茶は、どくだみ100%!
また、人里離れた場所に自生しているどくだみを使用しているため、安心してお召し上がりいただけます。
さらに、花が咲く時期に収穫しているため、どくだみの葉・茎に加え、花も含まれています

どくだみに含まれる嬉しい成分とは
ドクダミ茶

どくだみ特有の強い香りはデカノイルアセトアルデヒドと呼ばれる精油成分ですが、この成分はしっかりと乾燥することで、香りを抑えることができます
マルシェ ピュアのどくだみ茶は、しっかりと乾燥した後、さらに焙煎機で加熱しているため、どくだみの心地よい香りと一緒においしくお召し上がりいただけます

どくだみ茶美容

どくだみ茶に含まれるポリフェノールの一種である、葉に含まれるクエルシトリンと、花などに含まれるイソクエルシトリン
これらの成分は、どくだみが花をつける5~6月ごろが一番豊富に含まれており、当店のどくだみ茶はこの時期に収穫しています。
さらに、どくだみはカリウムが含まれているため、ハリ感が気になる方にもおすすめの健康茶です。

どくだみ茶ができるまで どくだみ茶工程表 安心&簡単ティーパック ティーパック説明 どくだみ茶の飲み方 ドクダミ茶の飲み方
表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

ご案内

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午前のみ営業

営業日:平日(9時~17時)
土曜午前(9時~12時)
定休日:土曜午後、日曜、祝日

QR

ページトップへ